場所もこだわって

黄色のアパート

不動産の現物投資は、最近では、サラリーマンなどの勤労世帯の間でも定着してきました。
ところがやはり投資ですから、稼ぐ為にはコツが必要です。
アパートやマンションなど、比較的若い世代の入居を想定した物件では、立地や設備が重要になってきます。
特に、電車通勤が普通の地域では駅からの徒歩時間が長いと検索してもらえなくなることがあるため、こういった物件では立地に配慮すると良いでしょう。
意外に見落とされがちなのが、平屋などの一戸建て住宅です、賃貸業界では、貸家と呼ばれる一戸建て住宅は、高齢化も進んでいるために需要が高いのですが、供給はかなり少ないというメリットがあります。
一度入居すると長くしてもらえる傾向があるという利点もあります。
安く購入できれば、しばらく賃貸に出して、最後は建て直しやリフォームをして自分たちで住むという使い方も出来ます。

安い価格で購入する物件は、築年数が経っていたり、内部の印象があまり良くないことがあります。
そこで、信頼出来る業者やリフォーム会社と日ごろから良好な関係を保つ努力をしておくと良いでしょう。
管理を自分で行うか、業者に任せるかは状況次第ですが、任せる場合には信頼出来る人にお願いすると安心です。
そして、火災保険はもちろんのこと、家賃保証には必ず加入してもらうことが重要です。
賃料が低めの物件は、購入価格も低めなことが多いので、万一家賃を支払ってくれなくなると、最終的には弁護士などの力を借りることになり、赤字になってしまうことがあるからです。
この他にも、定期的に入居者とコミュニケーションを取って、互いの心証をよくしておくことにもメリットがあります。